倉庫で働いてみたい?どんなアルバイトがあるの?


倉庫の出庫と入庫が主流

倉庫のアルバイトで最も典型的なのは倉庫からの荷物の出荷と、トラックなどで運び込まれてきた荷物の入庫の作業です。倉庫は製品の保管に用いられるのが基本なので、入庫された製品はいつか出庫することになります。ほとんどの場合には計画に基づいて入庫と出庫がおこなわれるようになっているため、期日が来たら出庫の手続きをしてトラックなどに積み込みます。予定の日時になると荷物が届くので内容を確認して倉庫に収める作業をすることになるというのがこの仕事です。慣れないうちはどんな作業をしたら良いかがわからずに苦労しますが、全体の流れがわかってくるとほとんどルーチンでおこなえます。丁寧に作業ができる人なら気軽にできるアルバイトです。

管理や整理の仕事もある

倉庫のアルバイトでは管理や整理の仕事も選べます。入庫や出庫とは違い、トラックから荷物を下ろしたり、トラックの荷台に荷物を積んだりする体力作業はありません。在庫管理システムに登録されている通りに倉庫内に製品が存在しているかを確認するのが管理業務です。倉庫に収められている製品は、どこにいくつあるのかがシステム上で管理されるのが一般的になっています。システム上の内容と倉庫の内容に違いがあった場合には整理をして、システムと現場を一致させなければなりません。この作業を定期的に実施するためにアルバイトを雇っている倉庫が多くなっています。ほとんどの場合にはシステムの内容と現場の状況が一致するので確認作業だけの簡単な仕事です。

物流に関する業務は在庫管理や車両の取り扱いなど、様々な点で大きな出費が生じます。物流部門を第三者に委託する3PLによってコスト削減の効果を期待できる他、企業の運営システムのスリム化を図ることが可能です。