長く使い続けるために!太陽光発電に必要なメンテナンス


パネルのメンテナンスの目安

紫外線を電気に変換して使うことができる太陽光発電を利用する場合に重要となるのが定期メンテナンスです。太陽光発電で使用するパネルの寿命は一般的に20年前後と言われていますが、設置する場所や利用状況で大きく変わります。雨や風などの天候の影響を受けやすい所に設置したり使用頻度が多いと短くなってしまうので注意が必要です。パネルの経年劣化を最小限に抑えるのは4年に1度の頻度でメンテナンスを行うことが重要になります。

業者に依頼する時の費用

パネルのメンテナンスは専門業者に依頼をするのが一般的です。メンテナンス費用は各業者ごとに違いますが、点検だけであれば1万円程度で済みます。万が一使用に伴う不具合やパーツの破損などが見つかった場合には新しいものに交換しなくてはいけません。直流の電気を家庭用の交流に変換するパワーコンディショナーの不具合では平均10万円、メーターの交換で5万円程度の費用が掛かります。複数の業者から見積もりを取って安く収められる所を選ぶのがコツです。

セルフメンテナンスをする時の注意点

ソーラーパネルは利用者が自分でメンテナンスをすることもできます。とはいえ、破損や不具合の修理は専門の技術と知識がなければできません。セルフメンテナンスでできるのはパネルの拭き掃除やフィルターの目詰まりの解消、異音のチェックなどです。フィルターの目詰まりはパネルの性能劣化を防ぎ、異音のチェックはトラブルの早期解決に繋がります。パネルが自宅の屋根に設置されている場合は足元に注意しなくてはいけません。

太陽光発電の価格は、メーカーによって変動しますが1kWあたり16万円~35万円ほどです。年々費用は低下しています。