営業代行の料金体系は?効果が高いのは実は複合型!


料金体系は固定報酬型と成果報酬型が主流

営業代行を依頼するときには料金体系についての考慮が重要です。営業効果が上がらなければ代行を依頼する意味がありませんが、効果が上がったとしても料金があまりにも高いのでは困ってしまうでしょう。営業代行の料金体系は固定報酬型と成果報酬型が主流です。固定報酬型は成果によらずに業務内容に応じて料金が定まるのに対し、成果報酬型は成果に応じた料金を支払うことになります。ただ、どちらの場合にもメリットもデメリットもあるため選ぶのが困難になりがちです。固定報酬型は資金を確実に使えるのでリソースを生かした営業ができます。成果報酬型は成果がないと利益にならないため、結果重視の営業をしてくれると期待できるのが特徴です。

複合型は効果が上がりやすい

固定報酬型では成果がなくても利益があるので怠慢するリスクがあります。しかし、成果報酬型では他社案件とのバランスを考え、利益に結び付きやすい案件にリソースを割く可能性も高いでしょう。このような問題点も考慮すると、営業代行の料金体系は複合型が魅力的です。低い水準の固定報酬に加えて、成果に応じた報酬を上乗せして払うタイプの料金体系が複合型です。原資分を必ず支払うので営業のためのリソースは割いてもらえます。そして、成果を上げれば業者の利益が増えるという魅力もあるため、営業効果が上がりやすいタイミングを的確に狙って営業活動をしてくれるでしょう。結果として営業代行を依頼した効果が上がりやすいのが複合型です。

営業代行とは、企業が行う営業活動を、外部に委託すること、また、それらを請け負う業者のことを指します。業務の合理化の一形態として利用されています。